読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱり、就農することにした。

29歳まで、会社員をしていた男が、30歳から栃木の実家に戻り、農業を始めることに。農業に関することを中心に、その他いろいろ好き勝手に、発言するブログ。

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド)が個人的に、最強な件

わたくしごと マネー ミニマリスト

小銭があまり好きでないのと、家計簿をちまちまつけるのがめんどうなため、

ここ数年はクレジットカードを愛用している。

 

その中でも、今、利用しているOrico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド)がとっても使い勝手がよいので、それについて

少し綴ってみようと思う。細かい計算などは、他のブログに譲るとして、ここでは、

いいなと思う点を何点か紹介しようと思う。

  1. 溜まったオリコポイントをTポイントに交換し、ウェルシアで使うと還元率が良すぎ。たぶん、最強クラス。
  2. iDとQUICPayが付いているので、コンビニや大手スーパーなどでは、このカードだけ持っていけば買い物ができる。しかも還元率1.5%!

■溜まったオリコポイントをTポイントに交換し、ウェルシアで使うと還元率が良すぎ。たぶん、最強クラス。

基本的に、日用品などは、LOHACOまたは、Amazonで購入している。

LOHACOでは、Yahoo!カードで決済しているが、Amazonはオリコモール経由で今回のOrico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド)を使用している。

 

まず、基本は、100円に対して1オリコポイントの付与となるが、オリコモールを利用することでさらに1ポイント加算、そしてAmazonだとさらに、0.5ポイント加算となり、

合計で2.5オリコポイントとなり、この時点で、リクルートカードプラスなどの高還元率カードを凌駕する。

100円に対して、2.5ポイント付与されるというのは、現時点では間違いなくトップクラスの還元率だ。

 

そうやってためた、オリコポイントをTポイントへ交換する。交換は1000ポイント単位からできる。なぜ、Tポイントなのかというと、ウェルシアというドラッグストアで利用するためだ。ウェルシアでは、毎月20日に、保有しているTポイントを1.5倍にして利用することができる。どういうことかというと、仮に、100ポイントもっているとすると、それで、150円分の買い物ができるのである。もし、10,000ポイントもっていれば、15,000円分の買い物ができる。還元率とか考えなくても、感覚的に、かなりお得な感じがするのは自分だけだろうか。

 

そうすると、先ほどオリコモール経由のAmazonで得たポイントはどうなるかというと、仮にAmazonで100円のもの(実際には、こんな金額のものを購入することはないだろうが)をオリコモール経由で購入すると2.5Tポイント(オリコポイントをTポイントに交換)それを、ウェルシアで毎月20日に利用すると2.5Tポイント×1.5倍で、3.75円分のかいものができることになる。

 

わかりにくいので、購入金額を大きくしてみよう。

100,000円のものをオリコモール経由でAmazonで購入し、Tポイントに交換し、20日にウェルシアでTポイントを利用すると3,750円分も買い物ができることになる。

 

100,000×0.0375=3,750円

 

とにかく、とってもお得なのである。

 

iDとQUICPayが付いているので、コンビニや大手スーパーなどでは、このカードだけ持っていけば買い物ができる。しかも還元率1.5%!

コンビニのレジで、もたついている人を見ると、あまりスマートな印象を持たない人も多いだろう。しかも時間がかかる。都内で働いていた時は、貴重なランチの時間に、コンビニのレジで待たされるのが非常にストレスだった。

コンビニのレジでスマートに振る舞うにはやはり、電子マネー一択だろう。

その中でも、残額を気にせずに利用できるポストペイタイプのiDとQUICPayは非常に便利である。その両方が付与されているクレジットカードはあまりないだろう。

iDしか使えないところ、QUICPayしか使えないところというのが未だに結構ある。もちろん、両方とも使えないところもあるのだが、そこはとりあえず、今回ははぶいておこう。運営元が異なるためなかなかこの辺の問題は解消されることはないだろう。

そのため、両方とも付与されているOrico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド)は利用できる箇所が多い。

特にコンビニなどで、細かいお釣りをもらったとき、レシートと一緒に渡されると財布の小銭入れの中にレシートと一緒にぐしゃっと入れてしまいあまり、あとで、家計簿をつけるのに、レシートを見返した時に、印字されたものがすり減っているなんていうことも間々あるだろう。そういった問題とも、iDやQUICPayで支払えばおさらばだ。

しかも、このカード、普通のカード払いだと100円で1ポイントだが、iDやQUICPayで支払うと1.5ポイント付与される。クレジットカードを利用で1.5ポイントというと還元率はもちろんトップクラスだ。

 

唯一の思いつくデメリットとしては、年会費が1,950円かかることくらいだろう。

携帯利用料金や光熱費や税金などをカード払いにしておけば、年会費分くらいはすぐに

元をとってしまうだろう。

 

ちなみに、年会費無料のOrico Card THE POINTというものもある。こちらは、オリコモール経由のAmazonだと2オリコポイントとなる。また、iDとQUICPayの利用では1オリコポイントとなる。

 

クレジットカードを1枚だけもって運用してみようという人には、Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド)は、おすすめの1枚だと思う。