読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱり、就農することにした。

29歳まで、会社員をしていた男が、30歳から栃木の実家に戻り、農業を始めることに。農業に関することを中心に、その他いろいろ好き勝手に、発言するブログ。

まだ、塾・予備校で消耗しているの?

わたくしごと 教育 地方

もう、高校卒業して干支が一周してるので、大学受験生の情報をみてどうこういうつもりもはないのだが、子どものいる身としては、教育に関心を持たないわけにはいかないので、情報はときどき更新している次第。

 

それで、”受験サプリ”なるものを情報耳にしてちょっと調べてみたら、びっくらこいた。月額980円!?

 

単純に安い。

週間ジャンプ1ヶ月分より安いよ。

 

jyukensapuri.jp

 

早速、サンプル動画を見てみたが、わ、分かりやすい・・・。

簡単に、引きこまれてしまった。

自分の場合は、進研ゼミなどの通信講座は少しやっていたが、塾や予備校には通ったことがなく、講師陣の授業がどのようなものか比較サンプルは持ちあわせてはいないのだけれども、たぶん、受験サプリの講師陣の教え方ひいては、生徒を魅了する力というのは非常にあるように感じた。

 

それでいて、月額980円。超コスパがよい。

塾だって、最低でも月額10000円程度はするだろう。

予備校であれば、もっとするでしょ?

 

塾や予備校は、環境がモチベーションの管理みたいなところもカバーしてくれるだろうが、通信講座やこの受験サプリのようなものは、学ぼうとする各個人にモチベーション管理がかかっっているので、その辺のコストをどう見るかだろうとは思う。

 

受験サプリ自体は、他の塾や予備校ならびに通信講座と併用して使ってる人の方が

多いような気もするが、このコスパは破壊的だろ。

 

各家庭かけられる予算次第で勝手にしてくれというところだが、

浮いたお金で他の有意義な体験・経験などにお金を使ってあげるのは

要検討事項だろう。夏休みに短期留学なりホームステイさせるなり、

それくらいのお金にはすぐなってしまうのではかろうか。

 

受験サプリの高校受験版みたいのもそのうちできるのかな。

田舎には、予備校なるものがないので、子どもがもし大学受験するとなったら、

Z会ないしはこの受験サプリあたりを勧めたいと思った。