読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱり、就農することにした。

29歳まで、会社員をしていた男が、30歳から栃木の実家に戻り、農業を始めることに。農業に関することを中心に、その他いろいろ好き勝手に、発言するブログ。

iPhone6sで世間が騒いでるときに、いろいろ悩んで、今さらだがXperia Z3 compactの中古を購入した話。

目下、節約というかコストカットが趣味になりつつある今日この頃。

そこで目をつけたのが携帯の運用費用。

あれこれ1ヶ月近く悩んだ。

 

結果的に、全てみおふぉんにまとめることで、24ヶ月の運用費用を

40,000円くらい下げることができそう。まぁ、微々たる額だが、

オプションとして2年間の契約とか、そういう縛りを気にしなくて良くなった点は清々しい。ただし、端末の保険オプションなどはないので、端末が壊れた場合は・・・。

 

■変更前

母:Y!モバイル

妻:みおふぉん

自分:Y!モバイル(PocketWi-Fiもあり) 

 

■変更後

母:みおふぉん

妻:みおふぉん

自分:みおふぉん

 

変更前も、3人で月の運用コストが10,000円程度とそれほど高くない部類だったが、

変更後は、月の運用コストが6500円程度に収まりそう。ただし、契約解除料や端末購入費用は除く。

 

みおふぉんにまとめることにした理由

  1. 3GからLTEエリアになる

  2.  

    運用コストを下げつつ、使えるデータ料はあまり変わらない 

 

まず、回線速度の問題。

Y!モバイルだと、どうも微妙に4Gのエリア対象外になってしまうらしく、

docomo回線を使用しているみおふぉんであれば、めでたくLTEの電波をつかむ

ことができる。

 

次に、変更前は、自分で使えるデータ量はPocketWi-Fiと合わせて12G。

変更後は、家族共有だが、母と妻は、ほとんどデータ量を使わないので、

ほぼ10Gを自分で使える。変更前でさえも、月8Gくらいしかつかわなかったので、

10Gでも特に問題ない。

 

それでいて、運用費用を月あたり3000円近く下げられるのは先々大きい。

 

今さら、XperiaZ3 compactにした理由

巷は、iPhone6sの登場で、賑わっている。

そんな中、2014年後半に登場したXperiaZ3 compactにしたのは、

サイズ感と必要十分な性能だったから。

 

正直、せっかくだから、久しぶりにiPhoneにしようかなと散々迷った。

iPhone6sは高いから、iPhone6ではどうだろう・・・。

いやいやiPhone5sでも必要十分じゃないの?

 

iPhoneは5までしか使っていなかった。それ以後は、Nexus5やARROWSなどのAndroid端末を使用していた。

 

仕事柄、防水/防塵機能はほしかったので、iPhoneをそういった仕様にするには、ケース代として諭吉がもう一人分くらい端末代金に乗ってくる。

そうなると、iPhoneだと中古にしたってけっこうかかってしまう。

 

そこにきて、Xperiaはといえば、もともと防水/防塵機能あり。

かつ中古だと4万円代で買える。かつ、Androidでも、Nexusに近い

キビキビ・サクサク感。

たしかに、iOSの方がなめらかなのは承知しているが、Androidだって

負けていない。

 

ミニマリスト的したいから、そこはやはりiPhoneだろうというのもあったが、

XperiaZ3 compactだってシンプルで道具として美しい。

 

そして、サイズ感。

値段が下がったから、Nexus6もよいかなと思ったけど、やはり全く片手での操作を

得意としていない。

かわって、iPhone6sの4.7インチというは、自分の手の大きさだと、ギリギリ片手で画面操作ができる限界のところをついてきて、絶妙なサイズ感。でも、少し幅があり握りにくい。

一方のXperiaZ3 compactは、iPhone5sより少し幅があるくらいで、握りやすいことこの上ない。

 

ということで、XperiaZ3 compactを購入したのでした。

けっこうAndroidの中では名機の部類だと思う。