読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱり、就農することにした。

29歳まで、会社員をしていた男が、30歳から栃木の実家に戻り、農業を始めることに。農業に関することを中心に、その他いろいろ好き勝手に、発言するブログ。

1988 CAFE SHOZO(カフェショウゾウ黒磯本店)に行くなら、すぐ近くのChus(チャウス)にも行くべし

わたくしごと お店の感想 那須 黒磯 栃木 文化

カフェショウゾウは知る人ぞ知る黒磯で一番有名なカフェだ。

ファッション雑誌を始めライフスタイル雑誌などでも、定期的に取り上げられるカフェブームの火付け役となったとも言われている。

カフェ好きなら、一度は耳にしたことあるだろう。

とりあえず、都会生活してる人でも、自信をもって連れていけるお店。

昨今のサードウェーブコーヒーの盛り上がりなどで、目にする機会もまた、増えるかもしれない。

 

そんなわけで、カフェショウゾウに行ったことある人、これから行こうと思っている人も多いと思う。那須にも店舗があるが、上記で取り上げているのは黒磯本店の方だ。

 

と、カフェショウゾウのことはこのへんにして、そのカフェショウゾウのすぐ近くにChus(チャウス)というダイニングがある。そこに、先日、家族で行ってきた。

 

Chus チャウス | おいしい・たのしい・があつまる。那須の大きな食卓。

 

ここは、昨年末にできた直売所と飲食スペースの併設した今、黒磯(那須塩原市)で

最もホットスポットの一つ(と勝手に私は思っている)。マルシェイベント那須朝市の実店舗としてオープンした。

 

食」という文化を通して新しい交流の場が出来ないかという思いから始まった"那須地域のうんまいもの"が一堂に会する マルシェイベント『那・須・朝・市』。2011年の発足から3年が経ち、たくさんの方々に愛され、賑わうようになりました。 そしてもっとこの朝市の輪を広げ、もっとたくさんの方々に那須の「食」をたのしんでもらいたい、そんな思いから生まれた那須朝市の実店舗。それが『Chus (チャウス)』です。

入り口を入ると地元産の野菜やお米やチーズなどの加工品が販売されている。その奥が飲食スペースになっている。天井が高く、とても開放感がある店内。店内はリノベーションされており、さながらアメリカ西海岸にある倉庫をリノベーションしたカフェのようだ。店内のBGMもアメリカンテイストが強く、ほどよい心地よさ。

 

現在は、まだ準備中だが、近いうちに宿泊スペースもできるとのこと。

子連れで行っても、ベビーカーなどで動きやすい広さが確保されている。

車いすなどでも、少々段差のある部分はあるが、十分な広さはある。

子ども泣いたりしても、空間が広いのとある程度、がやがやしているので、

神経質に、周りを気にする必要はないように思う。

 

カフェショウゾウに行くのであれば、ぜひ、Chusにも行くべし。

ちなみに、Chusは那須が誇る茶臼岳からきている。

f:id:ksk1Q84:20150315173619j:plain

f:id:ksk1Q84:20150315173616j:plain

f:id:ksk1Q84:20150315173614j:plain

 

f:id:ksk1Q84:20150315173612j:plain

f:id:ksk1Q84:20150315173610j:plain

f:id:ksk1Q84:20150315173605j:plain

f:id:ksk1Q84:20150315173607j:plain