読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱり、就農することにした。

29歳まで、会社員をしていた男が、30歳から栃木の実家に戻り、農業を始めることに。農業に関することを中心に、その他いろいろ好き勝手に、発言するブログ。

【本】幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

ベストセラー『嫌われる勇気』の続編。 前作も、毒のある本だったが、今回もまた、期待を裏切らず毒のある本だった。 Amazonのレビューにもあるが、青年のキャラが嫌というのがあったが、 時折、哲人に対しヒステリックな反応をする青年には確かに嫌な印象が…

茶房城山の隣にできたtrump Bakery(トランプベーカリー)がいい感じ

私の住む市内の高台に茶房城山というお店が昔からあるが、その隣にパン屋ができたということで、早速行ってみた。 どうやら城山を経営されてる方のご子息とのことで、都内で修行をして帰ってこられた模様。 木製の扉を開くと、店内は、2畳くらいのスペースで…

【本】嫌われる勇気

けっこうな人気で図書館で予約して2ヶ月経ちようやく借りれた。 Amazonのレビューも2000を超えていたりと、反響の多い本である。 タイトルからすると、何の本なのか察しにくい。 実際には、アドラー心理学について書かれた本である。 アドラー心理学とは、ア…

1988 CAFE SHOZO(カフェショウゾウ黒磯本店)に行くなら、すぐ近くのChus(チャウス)にも行くべし

カフェショウゾウは知る人ぞ知る黒磯で一番有名なカフェだ。 ファッション雑誌を始めライフスタイル雑誌などでも、定期的に取り上げられるカフェブームの火付け役となったとも言われている。 カフェ好きなら、一度は耳にしたことあるだろう。 とりあえず、都…

野火焼きをした

地域の恒例行事として、私の住んでいる地域では、1月の最終日曜日に野火焼きをすることが行事となっている。 野焼き - Wikipedia 地域の住民一世帯から一人が参加することとなっている。各組内で場所が配分されており、それに従い、野火焼きをする。 昨日は…

【本】がんが自然に治る生き方――余命宣告から「劇的な寛解」に至った人たちが実践している9つのこと

家族にがん患者がいるため読んでみた。 基本的な内容は、がんの一般的な治療法として知られている抗がん剤や放射線治療などの西洋医学の治療ではなく、それ以外の代替療法を実践し、がんが寛解した人への取材されたものがレポートされている。 我々が広く一…

ミニマリスト

私は、ミニマリスト志向だと、改めて思った。 というのも、中長期の海外出張や、駐在、おばの家での居候などを繰り返し、 都度荷物をまとめるのが面倒になり、"ものが少なければ・・・"と思ったのがきっかけだ。最近、ミニマリストって言葉を見聞きする機会…

TURNSカフェ とちぎへ参加してきた

10月26日(日)に都内の3331 ArtsChiyodaで開催された栃木県へのU・Iターン向けのイベントに行ってきた。総じて、有意義な時間を過ごせた。 ファシリテーター : 一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンスの村瀬さん ゲストスピーカー : 日光珈琲 饗茶…

【本】ヒップな生活革命

作り手が見えるモノ嗜好するという流れが、ニューヨークやポートランドといったところあらアメリカ国内で起こっているとのこと。 地産地消そういったものに通ずるムーブメントである。 日本の都市部の一部でもそういった嗜好する人ってのは増えてるのではな…